資料のダウンロードテスト: download monitor

 テンプレートをカスタマイズ

  • プラグインのtemplateフォルダーに格納する
  • Custom Templateの名前は 以下のようにする
    *content-download-button.php の場合は button
  •  $dlm_download に出力できるデータが格納されている

ショートコード:ダイレクトなダウンロード

[download id=”3023″]

[download id=”3043″]

ショートコード:フォーム入力が必要なダウンロード

Email Before Download をアップロードしておく


[contact-form-7 404 "Not Found"]"]

特定のカスタムポストをカテゴリ別にすべて表示する

 

toolset plugin

typesの会社OnTheGoSystemsが制作しているvisual editor。このジャンルでは、visual composerが有名だが、custom postのセットアップからトータルで設定できるのが魅力。

Content template

こちらは、Page、Customo Post typeのsingleページに適用するcontent template。

View

こちらは、content templateがmain contentであるとしたら、その内部のsectionに当たる機能。viewは投稿、content templateなど、あらゆるところに挿入できる。なお以下の機能もviewとして提供される

  • Pagination
  • slider

Conditional output

custom fieldがemptyの場合などはview内のこの機能を使用する

WordPress Archives

こちらは、archive用のtemplate。custom post typeや、taxonomyなどに適用できる

 Toolset Layouts

その他

Parametric Search

パラメータ付きで検索を制作できる。未テスト

Toolset CRED – Front-end content creation forms

formから投稿ができる。未テスト

Layouts

こちらはpage全体をレイアウトする。特にfront pageなどにつかえる。ただし、templateとの統合があるので、以下のような記述にする

theme intergration

何種類かテーマが用意されてるが、starter themeはwooCommerceに最適化されている。またbootsrap用のテーマがあるのでこちらは、bootstrapを使用する場合はブランクテーマとして優れいている。

widget

widhgetsページにwp viewsがあるので、まずviewを制作し、ドロップすれば終了すr

header/footer

 

Toolset Maps

未テスト

contact form 7 sample

 col-md-6

 

 

テキストwidgetの内容を取得する

dynamic_sidebarはコンテンツをreturnすることができないようなので、標準出力をバッファーにいれて取得する

 

IT + WEB TIPS(アスーカル・デザインのブログ)